不登校の原因と子供との関わり方

子供が学校に行きたがらない

子供が学校に行きたがらない。部屋に閉じこもってしまう。何も話してくれない。そんな時どうしたらいいのでしょう。
お家の方の心配は一通りではないと思いますが、まずは慌てないことが大切です。ニュース等で様々な暗い話題等も報道され、子供が学校に行かないとなると親の方が先に「お先真っ暗」という気分になってしまうことも多いものですが、大丈夫、学校に行かないくらいで人生終わったりしません。あれこれ原因を探ったり、無理に聞き出そうとするのはNGです。ゆったりと気持ちを落ち着けて、硬くなった子供の気持ちが少しでもほぐれるような条件を整えていくことの方が大切です。布団から出てこない、ご飯も食べに来ない、というような状況であれば無理に引っ張りだすのはかえって気持ちを硬くさせてしまいます。お腹が痛いなど身体症状を訴える子供もいます。仮病ではなく、心が無理をしていると体の症状も出てきますので、受け止めてあげましょう。

学校にもいろいろある

不登校が一定期間続き、学校が嫌だ、友達関係が嫌だ等、どうしても今通っている学校にこれ以上通いたくない、ということであればフリースクールなどに通う方法もあります。学力や進路の心配をされる方も多いようですが、まずは子供自身が安心して通えるようになることが大切です。安心して過ごせる場所、見守ってくれる先生やスタッフ、共に学び遊ぶ仲間がいて、自分自身を解放できるようになると驚くほど子供は伸びていきますから、心配しすぎないようにします。「あなたのため」と無理やり押し付けるのではなく、「こんなところがあるんだけどどう?」などと子供の主体性を尊重する形で情報を提供できるといいですね。不登校を機に、親も自分の人生を考え直した、という方も大勢います。親子で殻を破って前に進んでいけるといいですね。